イ・スヒョク|性格・友達も豪華・おすすめドラマ

イ・スヒョク

はじめに

今回は韓国ドラマファンも、そうでない人もきっと知っている韓国のモデル出身の俳優イ・スヒョクさんをご紹介したいと思います!
2017年に日本でリメイクされた韓国の大ヒットドラマ「ごめん、愛してる」で、主演の長瀬智也さん演じる律を、兄のように慕う韓国マフィアの跡取り息子ペク・ランを演じています。
第1話では鍛え上げられた肉体美を披露し日本の視聴者を虜にしました。
モデル出身ながらその演技力で作品のキーマンや主演を担当したりと役者として大活躍しているイ・スヒョクさんの性格や交友関係などをまとめていきますので、最後までチェックしてみてくださいね!

プロフィール

名前:イ・スヒョク(이수혁)本名:イ・ヒョクス(이혁수)
生年月日:1988年5月31日
身長:184cm 体重:70kg 血液型:AB型
家族構成:両親、妹1人

2006年にファッションモデルとしてデビューしたイ・スヒョクさんですが、もともと俳優になりたかったため、モデル事務所には所属せず俳優部門のある事務所に入るまで、自分で仕事を取り、スケジュール管理し、現場への移動も自分で行っていたそうです。
最初の事務所には2008年に所属したのでおよそ2年間、一人で活動していたということになります。
当時を振り返り事務所に所属し活動できる今がとてもありがたいと話していたそうです。

俳優としてのデビューは2011年のドラマ「ホワイトクリスマス」で、多くのトップモデルが出演したドラマで当時とても話題になりました。
この作品で共演した俳優さんたちとは現在も交流があり、あとで紹介しますがほんとに豪華な方たちが出演しています。

性格

ドラマで見るイ・スヒョクさんは、クールでどこか心に傷を抱えながら生きている闇ある系男子を演じることが多いですが、実際の性格はどんなスタイルなのでしょうか?
2014年ドラマ「世渡り高校生(原題)」で共演したソ・イングクさんはインタビューで、「スヒョクさんは静かに笑わせるスタイルです。
口数はないのに時々大爆笑を誘うそんなスタイルで、どことなく可愛さがにじみ出ている性格だ」と明かしていました。

あるバラエティー番組に仲のよい俳優仲間たちと出演した時も、周りの俳優たちが楽しく会話を進める隣で静かに微笑んでいる姿があり、見た目どおりのクールな性格であることがうかがえます。

またイ・スヒョクさんといえばインスタグラムを頻繁に更新し、ファンとの交流を楽しむことでも知られています。
作品中のオフショットやテレビでみるクールな表情以外にもお茶目な姿を見ることができます。
また、非公開のアカウントがあり、20名程度のフォロワーにだけ公開している写真とはいったいどんな写真なのでしょうか・・・気になりますね!笑

友達がとっても豪華!

最近の韓国の芸能界はモデルから俳優に転向して活躍する人が多く、高校生のときからトップモデルとして第一線で活躍してきたイ・スヒョクさんもその中のひとり。
デビュー作の「ホワイトクリスマス」では、同じ時期にモデルで活動していた俳優さんたちが多く出演していて、特に仲がよいソンジュンさん、キム・ウビンさん、ホン・ジョンヒョンさん、キム・ヨングァンさんの5人は「モデルアベンジャーズ」と呼ばれています。

アベンジャーズの5人は、年齢やスタイルが似ているため、オファーされる作品が被ることがよくあり、自分が断った作品にほかの誰かが出演していることがよくあるそうです。
お互いライバルというよりは、一緒に成長できる仲間だと話していました。

また、モデル時代から仲のいいBIGBANGのジヨンさんとは88年生の同い年ということもあり、誕生日にテレビ電話でお祝いしたりその様子をインスタにアップしたり、まるで恋人同士かと思うくらいの仲の良さをアピールしています。

おすすめドラマ3選

1、「一理ある愛(일리있는 사랑)」2014
結婚7年目を向かえた仲良し夫婦のチャン・ヒテとキム・イルリ。
イルリはヒテの妹を介護しながら、塗装工としてアルバイトをしながら過ごしていた。
ある日、塗装の仕事を受けたイルリは仕事場で無口な家具職人のキム・ジュンに出会い、禁断の恋が始まる。
イルリに出会ったことで生まれて初めて恋を知ったジュンをイ・スヒョクさんが繊細に演じているのですが、数ヶ月前までスーツを着て冷徹男を演じていた同一人物とは思えない、とても柔らかく暖かい眼差しでイルリを見つめる姿に胸キュンが止まらない作品です。

2、「運勢ロマンス(운빨로맨스)」2016
運命や迷信を信じるシム・ボニと、数学と科学に生きる工科大学出身のゲーム会社CEOのチェ・スホが繰り広げるラブコメディで、同名のウェブ漫画が原作のドラマです。
主演はラブコメ界の女王と言われているファン・ジョンウムと、応答せよ1988で人気俳優の仲間入りしたリュ・ジュンヨルで、イ・スヒョクさんはチェ・スホの恋敵となる世界的なテニス選手チェ・ゴンウクを演じています。
制作発表の会見で、普段のイメージとは違う活発な姿を見せることができる運動選手の役をやってみたかったそうで、前作の撮影が終わる前からテニスと水泳の練習をしていたことを明らかにしました。

3、「ウチに住むオトコ(우리 집에 사는 남자)」2016
ある日突然現れた義父だと言い張る3歳下のイケメン男子コ・ナンギルと一緒に暮らすことになったホン・ナリの笑いと涙ありの美しいラブロマンスで、本作もウェブ漫画が原作となっています。

イ・スヒョクさんは有名グループの三男で、初恋に裏切られ、世の中はお金で思い通りになると冷め切った男クォン・ドッボンを演じています。
また主人公のコ・ナンギルを演じているキム・ヨングァンさんはプライベートでもイスヒョクさんと交流があり、仲の良い2人が作品の中ではナリを取り合う三角関係を披露しているのもこのドラマの見どころです。

ウチに住むオトコ
「ウチに住むオトコ」の記事一覧です。

まとめ

皆さん、いかがでしたでしょうか?
陶器のように美しい肌を持ち、すっと通った高い鼻で彫刻のようなビジュアルで、都会的なクールな役柄が良く似合い、意外にも広い人脈を持つイスヒョクさんをご紹介させていただきました。

現在は公益勤務中で除隊は2019年の夏の除隊までその姿を見ることはできませんが、さらに男らしい姿で戻ってきてくれることを楽しみに待ちたいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました